お役立ち☆結婚指輪購入ガイド

TOP > 結婚指輪の豆知識 > 良質な結婚指輪が良質な結婚の条件です

良質な結婚指輪が良質な結婚の条件です

結婚を行う際には、結婚指輪は欠かせません。
カップルのお二人のお気持ちが強ければ、指輪なんて関係ないなんていう方もいますが、それは間違いです。
形として相手に気持ちを伝えることの尊さ、お金を出して高価なお品を用意し、サプライズで贈るというプロポーズを素晴らしいものにできるかどうかが、その後の結婚生活や結婚披露宴を迎えるまでの期間の幸福度に密接に関係してきます。
結婚とはどなたにとっても未知のものであり、若い二人には不安もあります。
その不安を払拭し、喜び勇んで新たな門出を出発していくということに関して、結婚指輪の持つ有用性は大変高いと言えるでしょう。
プロポーズの際に指輪を贈るという文化は、世界中に古くからあります。
人類の存在そのものに密接に結びついた風習といえるでしょう。


プロポーズの際には、指輪があるかないかで、そのサプライズ効果や余韻、お相手の喜びは全く違います。
言葉だけでは伝わらないお気持ちもあり、その場の雰囲気、環境がいかに素晴らしくても、贈るべく指輪がなければ、確実のお相手の女性はがっかりしてしまうでしょう。
いかに高価なお品を贈るかということが問題なのではなく、お気持ちが通じることが第一です。
言葉や環境以外に、指輪という形で気持ちを表現することは、男性の義務と言えるでしょう。
何のために結婚するかと言えば、お二人のその後の人生を素晴らしいものにしていくためです。
その素晴らしい人生のスタートには、素晴らしい印象をお相手に与えなければなりません。
プロポーズの際に結婚指輪を用意しないということは、お誕生日にケーキを食べないこと以上に適切ではないことだと言わざるを得ません。


指輪にはサイズというものがあります。
贈るお相手、女性の指の太さに適切なものを贈らなくてはなりません。
結婚するお二人ですから、お相手の指の太さに関しては把握していることが多いですが、念のために、事前にはっきりと確かめておくことをお勧めいたします。
きめ細かく大きさ、太さを分析調査する必要はありません。
手を握るだけでも、サイズ感覚をつかめるでしょう。
サイズを確かめておかないと、贈った後に小さすぎて嵌めにくかったり、大きすぎて外れやすいということもあります。
高価な指輪をうっかり紛失してしまったり、嵌めずに箪笥の肥やしにしてしまうリスクを避けるために、サイズだけはこっそりと確認しておくことをお勧めいたします。
指輪によっては購入後にサイズの変更をできるものもありますが、できる限り、初めからぴったりのサイズのものを選ぶことが、サプライズを成功させる秘訣でもあります。

次の記事へ

TOPへ