お役立ち☆結婚指輪購入ガイド

TOP > 結婚指輪の豆知識 > 結婚指輪の素材はどれがおすすめ?金属アレルギーには注意

結婚指輪の素材はどれがおすすめ?金属アレルギーには注意

結婚指輪の定番はゴールドやプラチナを思いつく人が多いと思います。
プラチナやゴールドは独特の美しさと丈夫さ、加工のしやすさから人気の高い素材です。
しかし、金属アレルギーの人にはあまりおすすめできません。
金属アレルギーの人がつけると、皮膚に炎症が起きてしまい、指先をよく使う仕事をしている人には致命的です。
金属アレルギーは、金属によって腫れやかゆみなど様々な炎症を起こすアレルギーです。
男性より女性に多く、アクセサリーに使われている金属や化粧品が原因だと考えられています。
指輪に加工するとき、加工しやすいように複数の金属を混ぜるのが一般的です。
結婚指輪をつけて金属アレルギーになる人もなかにはいます。
指輪を購入する前に、皮膚科で金属アレルギーなのか調べてもらいましょう。


金属アレルギーの人はどんな素材のが選ぶのがよいのでしょうか。
金属アレルギーになりにくい素材を紹介します。
まずはチタンです。
最近になって使われてきた素材で、バリエーション豊かなデザインが特徴です。
次に、ジルコニウムです。
錆びにくい素材で、水仕事をする人も普段づかいできます。
最後は、イリジウムです。
なかなか聞き慣れない金属ではありますが、濁りのない白銀がキレイで人気の素材です。
アレルギーが心配な人には、木製の指輪がおすすめです。
イチョウやひのきなどを使用しており、木製独特の良さを感じることができます。
どれもおすすめですが、金属アレルギーを起こす可能性があります。
引き起こしにくい、というだけで必ずしも金属アレルギーに良いわけではないので、購入するときはよく考えましょう。


指輪は、一見するとどれも同じように輝いて見えます。
しかし、ジュエリーショップで実際に見てみると、デザインの違いで光の反射が違っていたり微妙につけ心地が違ったり、結構違いがあります。
ホームページやカタログを見て探すのはもちろんよいですが、できるだけ実際にお店に足を運んでみましょう。
これだ!と感じる結婚指輪がきっと見つかります。
和風のデザインも人気が高まっています。
日本人の指をキレイに魅せてくれる工夫がされており、誰とも被らないオリジナルの指輪を手にすることができます。
結婚指輪は、永遠に途切れることのない愛を確認するためのものです。
素材によって細かい違いがあるので、これだと感じる指輪をお店で探しましょう。
購入する前には必ず、皮膚科でパッチテストをしましょう。

次の記事へ

TOPへ